プロペシアとミノキシジルで脱薄毛組

育毛と発毛の違い

その名の通り、育毛は髪の毛を育てることで、発毛は髪の毛を生やすことです。プロペシアは髪の毛を生やすというよりもきちんと育てる、これ以上抜けないようにするという効果が強いようです。

両手を広げる男性

プロペシアとは、AGA治療の用いられる錠剤タイプの内服薬となりAGAの症状である薄毛や抜け毛といった脱毛症の症状の進行を抑制することができ長期の服用によって乱れてしまった毛髪の生え変わりの時期である毛周期を正常に戻すことができ、再び健康的な毛髪を発毛あるいは育毛させることが期待できる、医師が初めて処方する処方せん薬となります。

男性には悪玉ホルモンとされている男性ホルモンの1種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が影響して毛髪の成長を妨げてしまい十分に成長する前に髪が抜け落ちてしまうと言われ、通常10年ほどもつと言われている髪が1年未満で抜け落ちしてしまい、また再び成長させることを妨げてしまい頭皮が目立つようになってしまいます。

プロペシアの成分であるフィナステリドが、DHTが作り出されることを抑制する作用があり、この悪玉ホルモンを作り出してしまうのが5a還元酵素と呼ばれる酵素の働きによるもので、この酵素の働きを抑制することによって悪玉ホルモンの生成を阻害し、その結果、発毛の成長期間を長くすることによって髪を再び成長させ太く長い髪が再び生え健康的な髪を取り戻す効果を得ることができます。


手のひらに地球

世界では60以上の国で使用されているため実績もあり、副作用も少ないという点からAGA治療には欠かす事ができないものでありますが、症状としては同じ様にも捉えられる円形脱毛症や女性の脱毛症に対しては効果が確認されておらず、また未成年の服用は安全性が確認されていないため服用することはできないとされています。

また薄毛や抜け毛は男性のコンプレックスにもなりますが、必ずしも髪が増えるということはなく過度な期待をもって治療に取り入れることはお勧めできず、服用した25%の方には十分な効果が現れないことも分かっており、国内には1000万を超す方が悩んでいる症状ですが、このデータから考えると250万人には長期の服用によっても十分な発毛・育毛の効果が期待できません。薬価も高い治療薬になるためそういったことを十分に考慮して上で服用を考えてみる必要があります。

ですが、一度AGAの診断が下されれば、ありとあらゆる治療に挑戦する価値はあるので、その時は安心できる通販サイトを通してまだ日本では認可されていない薬の個人輸入などを試してみてください。

プロペシアやミノキシジルの通販サイト