プロペシアとミノキシジルで脱薄毛組

ミノキシジルの種類

ミノキシジルは外用薬が一般的です。高い効果を求めて飲み薬としての治療法もありますが、飲み薬は発毛効果が強い反面、副作用も大きいという難点もあるという諸刃の剣状態なのが現状です。

錠剤

ミノキシジルについては少し説明済みですが、塗り薬の他に飲み薬の錠剤もあります。ただ、内服薬というのは内臓から直接吸収されるのでその分体に作用する力が強いというのを念頭においてください。

もう一度おさらいをするならば、ミノキシジル(成分名)→高血圧向けの飲み薬→薄毛対策の塗り薬→薄毛対策の飲み薬という風に進化しています。覚えておきたいのは市販化されているリアップのジェネリックは存在しないということと、ミノキシジルの飲み薬には圧倒的な効果があり、その代わりに副作用も強いということです。この飲み薬はあくまで血圧を下げるための薬という表記でハゲに効く!などとは全世界どこを探しても書かれてませんのであしからず。

※AGAの専門機関で処方してくれるらしいのですが、おそらく医師が発注しても治療薬の扱いは変わっていないと思われます。

錠剤の具体的な副作用として

・発毛症(全体的に体毛が濃くなる)
・動悸、めまい
・身体のだるさ

などがあり、塗り薬と同じく心疾患がある方などは服用できません。アルコールとの併用もダメです。


ポラリス

さらに塗り薬といえばリアップ、もしくは海外の元祖ロゲイン(カークランド社製もありますね)ですが、更に配合量を10%台に上げたポラリスシリーズという薬があります。配合量が変わり、副作用もそれなりに…と言われていますが、飲み薬よりは身体の防衛反応が直接的に吸収するのを多少なりと妨げてくれるので、錠剤が怖いという方は配合量を上げてみるのはどうでしょうか。

ポラリスは既存のリアップと比べて副作用が少ないと言われており、発売当初にリアップの副作用を訴えた人々もその知名度故に思い込みで症状が出てしまったという説もあります。その他にも高濃度のわりに他社既存製品と比べて価格がかなり安いことも購入を考える一手となりそうです。
ちなみに錠剤や高濃度の塗り薬、もちろん従来のタイプまで購入は下記から可能ですので、まずは商品画像や薬の中身からご覧ください。

プロペシアやミノキシジルの通販サイト