プロペシアとミノキシジルで脱薄毛組

薄毛になりたくない方、予防できます

ハゲてもかっこいい人はいますが、薄毛の種類は選べませんのでやはりフサフサなままがいいですよね。薄毛対策に遅かった…はあっても早すぎるという事はありません!薄毛は規則正しい生活や薬の服用で対策を取ることが出来ます。

シャンプーをする男性

薄毛になり始めたかも…の時点でも始められるような予防方法とは!

主に挙げられる対策方法
・シャンプー
・髪への扱い
・食生活
・喫煙飲酒
・睡眠


まず、シャンプーです。洗浄能力の高いシャンプーを使うことによって逃避に必要な油分まで洗い流してしまうことになり、結果的に頭皮に刺激を与えてしまいます。これは例えばラウリル硫酸ナトリウムやラウリル硫酸カリウム、スルホン酸ナトリウムなどが配合されているシャンプーが該当します。

さらにせっかく低刺激のシャンプーを使ったところで爪を立ててごしごし洗ったり、タオルドライをきちんとせずにドライヤーを長時間だらだら当て続けたり、最悪な場合きちんと乾かさずに寝たり(!)ということによっても髪はダメージを受けています。美容師さんやモデルの方などは難しいかもしれませんが、カラーやパーマも髪の毛にとっては負担がかかるので少なくとも薄毛になりそうな気配のある方は2か月程度期間を空けたり、きちんとした美容師さんにやってもらうなど事後のケアもちゃんとやったほうがよいみたいです。


晴天

それに加えて頭皮が紫外線でダメージ受けたり、ぴったりサイズの帽子を被って血行不良を起こしたりすると髪の毛が生えようとするのを邪魔していることになります。もはや日常生活の何気ないことが髪の毛への攻撃になってしまいますね。紫外線対策については髪の毛の分け目を変えたり、頭皮にも使えるスプレーやちょっとゆったりしたサイズの帽子をかぶることで行えると思います。

また、食生活に関してですが、脂っこいものや甘いものを摂りすぎず、青魚、海藻類、緑黄色野菜、大豆辺りを積極的に摂取するのがおすすめです。髪の育毛の手助けとなる食物を食べていても薄毛の原因となる食生活を続けていれば相殺されるどころか薄毛が進行するのでお気を付けください。

髪の毛も体の一部として考えると喫煙は百害あって一利なし、社会人の付き合いである飲酒も適量なら問題ないのですが、度が過ぎると健康に影響を及ぼし、薄毛の進行にも繋がります。睡眠に関しても人間のあらゆる回復時間と同じく寝ている間に髪の毛の再生活動が行われるのでしっかり寝ることも大切です。

プロペシアやミノキシジルの通販サイト