プロペシアとミノキシジルで脱薄毛組

ジェネリック医薬品とは

薬価が下がるとされるジェネリックですが、プロペシアの正規ジェネリックは正直そこまでまだ価格が下がっていません。類似品と言われてしまいますが、きちんとした保証のあるサイトでのインドジェネリックだったら信用できます。

鏡を見る男性

ジェネリック医薬品といえば病院や薬局でジェネリックもありますが、どうされますか?などと聞かれることでジェネリックという言葉に触れると思います。これは後発医薬品であるというニュアンスで使われていて、薬価は元の薬よりも安いとされています。それは先発医薬品の開発にかかった費用がジェネリックではさほど必要なく、成分も似たものになっているので臨床や認可に対して日本がかなり甘いということで開発コストが圧倒的に安いためです。

プロペシアで治療を行う場合、症状の改善がみられるまで毎日服用しなければならないため、経済的にはかなり負担ですね。現在、プロペシアのジェネリックもリリースされているものの、価格はそこまで下がっておらず、プロペシア自体で1錠200円程度、ジェネリックで160円程度になっています。

下記のサイトで購入できるのは公式的なジェネリックではありませんが、かなり薬価が下がったものもあります。通常、ジェネリックは先発品を開発した会社が製造特許と成分特許を取るので、それが切れたら製造や販売が解禁となります。


聴診器を使う医者

しかし、インドでは国境なき医師団等の治療の関係で治療に必要な薬のコストを抑えるべく、インドの製薬会社がありとあらゆる薬をジェネリックとして製造しています。これはインド自体が特許に関する条約に批准していない為です。もしかしたら、前述の治療に関してのコストをなるべく抑えるということが理由の一つになっているかもしれません。

これによってインドではバイアグラやAGA治療薬など多数のインド製ジェネリックが生み出されていますが、製造元の会社達はれっきとした世界的に信用されている会社が作っていますので、それを騙った悪徳業者に引っかからない限り、先発薬品と変わらない効果が得られると思います。

例えば、プロペシアだとフィンペシアというインド製ジェネリックがありますが、成分一覧を見てもらえればわかる通り、成分の配合も1mgと全く同じです。これでは安心できないという方はやはり先発品をお金で安心を買うという意味で購入するのがよいでしょう。

プロペシアやミノキシジルの通販サイト