プロペシアとミノキシジルで脱薄毛組

薄毛の因果関係とは

このページではなぜ薄毛の症状が引き起こされたのかを科学的に考えます。少し小難しいかもしれませんので読み飛ばしても大丈夫です。薄毛になる原因が分かればある程度対策を練ったり、原因を無くせるように考えることが出来ますね。

男性の頭

薄毛には実は様々な原因があります、例えば何でしょうか?

おそらくまず挙げられるのは母方の遺伝子です。母方の祖父がAGAの傾向があれば、将来的に髪が薄くなる確率がグーンと上がります。しかし、それだけではありません。生活習慣や外部からの影響によってもAGAになることは十分あります。

第一にストレスです。人の身体は過剰なストレスに対し、自律神経のバランスを崩すので血行不良を起こします。その結果、毛を育てる場所に必要な養分が行き届かず、発毛力や育毛力が減退していきます。さらには不健康な食生活や寝不足、過度な飲酒喫煙によっても身体自体の新陳代謝が悪化し、前者のように血流が悪くなるので、AGAの予防に自らの生活を改善することによってありとあらゆる病気の予防にもなります。

薄毛の因果関係はまだまだ解明中で、遺伝に関しても母方の遺伝以外のAGA遺伝子が存在するため、一概には断定は出来ないようです。

もとより男女で薄毛になる場合の症状も治療方法も違い、ホルモンの分泌量も変わるのですが、男性の方が抜け毛は多いのです。男性の特徴としては前髪部分がM字のように薄くなっていくか、頭の一番上の部分が丸く薄くなっていくかの2パターンです。女性はエストロゲンによって髪の毛に栄養がいきわたる様に血管が拡げられています。


髪の毛を気にする男性

男性の脱毛症として名高いのはAGAでこれは男性ホルモンに分類されているテストステロンが5-αリダクターゼという酵素と結合し、DHTというものに変わり、思春期を過ぎた男性の頭皮になんやかんやと悪い方向に作用しています。

また、これ以外にも薬の副作用や肌質の影響によって油分が多すぎたり、少なすぎても薄毛は起こりうる様です。

これが髪の毛にある乳頭細胞に結びつくと、髪の毛の寿命が短く、通常通り成長しなくなったり、毛根が休眠したりと、髪にとって悪い事ばかり起こるのです。髪には周期があり、通常数年間かけて成長していきます。
これが6か月から1年と言う短いものになり、ついには生えなくなります。

では周期がこうなると取り返しがつかないのかといえば、進行具合によっては治療が可能です。気が付いた時から治療や予防を始めるのが鍵です。

プロペシアやミノキシジルの通販サイト