プロペシアとミノキシジルで脱薄毛組

プロペシアの効果

トップページにも書きましたが、プロペシアの効果についてもう少し具体的に知りたいという方向けのページです。薄毛になってしまう体のメカニズムは遺伝だけではなく生活習慣もあるのでプロペシアの効果を打ち消さないように生活も見直したいところですね。

頭を押さえる男性

国内1000万を超すAGAは多くの男性の方の悩みとなり、日々症状を進行させてしまい頭皮環境をより悪化させ頭皮が直に見える面積が広がってしまい外見にも変化をもたらしてしまいます。これによって自信を喪失させてしまう原因にも繋がり易く、効果のある治療あるいは毎日のケアをしなければ改善はおろか気付いた頃には頭頂部や前頭部の毛髪がほとんどなくなってしまうのです。

本症は若年性もあり年齢に起因せず、雄性ホルモンの影響である事も分かっておりテストステロンが別の物質に変換されてしまう事でDHTを産生し、この物質が頭皮の毛周期を乱し毛髪は成長する事をやめ、抜けても毛穴から新たに髪が成長する事を阻害されます。

毛髪は通常、10年程の寿命を持ち期間経過後は抜け新たに髪を毛穴から成長させ、人の毛髪は一日で約50本近く抜けておりそれでも頭皮が見えないのは再び成長しているからであり、毛周期は毛髪を形成する上で重要な事になりこれを乱す上記物質の働きを抑制しない事には薄毛改善する事は望めません。


ガッツポーズする男性

薄毛治療とは、これを抑制する為に2005年に誕生したプロペシアの使用により一般名フィナステリドが体の内側より作用する事で、変換物質である5a-リダクターゼの働きを弱めくれます。これがDHTの産生を阻害する事に繋がり、短期での改善は見込めないものの、最低でも1年間の投与で約75%の方に有効性を発揮するとされており、発毛作用をもたらすので毛穴から再び髪を成長させる事ができ、毛髪量を増加させてくれます。

プロペシア:一般名フィナステリド以外にも同時に使用する事で現状で残る毛髪の成長を促進してくれる育毛作用を期待出来るのがミノキシジル製剤になり、頭皮に塗布あるいは噴霧する事により、細胞を活性化させ一本一本の髪に栄養を与える事ができ太く丈夫な硬毛へと成長させる事ができ、育毛効果を出来ます。
薄毛治療を行うには一般的にはこの二種類の成分のみが現在では有効とされ他には有効となるものが存在しないので本剤を治療に取り入れて下さい。

プロペシアやミノキシジルの通販サイト