プロペシアとミノキシジルで脱薄毛組

ミノキシジルで治療する場合

守りの薬と言われるプロペシアでは薄毛の改善が見込めないという方には攻めの薬、ミノキシジルがお勧めです。塗り薬はドラッグストアでも買えますが、医薬品なので副作用に関しても記載してあります。

考える男性

プロペシアの他に効果があるとそれなりの評価を得ているのがミノキシジルです。ただしこれは成分名で日本で販売されている製品名を言えば誰でも知っているでしょう。ずばり「リアップ」です。

プロペシアとの違いは外用薬が一般的な点と市販されているということでしょう。ちなみに海外製品の名前はロゲインです。この成分はもともと高血圧の人向けに研究されていたものでDHTにより血行が悪くなった状態をミノキシジルが血管拡張剤として作用して毛乳頭細胞に育毛に必要な栄養を届けられるようにしたといわれているが、他の血管拡張剤では効果がみられないため、どのように作用しているのか実際のところは詳細は不明です。

外用薬は使用をやめるとまた元の状態に戻ります。その為、プロペシア以上に根気強く使用を続ける必要があり、髪の毛を元に戻す過程で初期脱毛と呼ばれる一時的に髪の毛が薄くなる現象も報告されています。

以下は副作用の一例です。

・頭皮のかゆみ
・頭痛
・低血圧
・動悸、不整脈

元々は血圧降下剤なので高血圧の方や他に血圧降下剤を服用している方の使用はできません。


心臓を抑える男性

他にも

・心臓病患者
・未成年
・頭皮に異常がある

上記に該当する方は服用することが出来ません。

ミノキシジルによる治療費ですがリアップシリーズが月額およそ7000円で海外製品のロゲインも同程度なのですが、カークランド社製ですと3000円程度になります。費用があまりかからない後発薬であるジェネリックはお安いですね。日本ではリアップの1%配合と5%配合があり、配合量で値段も微増減しますが、配合量によって効果が出やすい出にくいは人によるのでまずはミノキシジルの成分自体が身体に合うかを試してみるのが大切です。

また、プロペシアとの併用(この場合は外用薬を一緒に使います)やさらにそれを上回るミノキシジルタブレットの効果も期待できます。ただし、薬理作用が違うので併用による相乗効果に悪い反応はないものの、後者のタブレット薬に関してはそれなりの副作用を覚悟して使用しなければならないということです。

しかし、男のプライドをかけて薄毛治療には強気で臨むべきだと思います。

プロペシアやミノキシジルの通販サイト