プロペシアとミノキシジルで脱薄毛組

プロペシアの副作用

プロペシアも薬ですのでよく注意して読んでいただきたいページです。日本での認可が急がれたのも併用禁忌薬の影響があります。

驚く男性

画期的な薬として世界中から指示を受けているプロペシアですが、誰が飲んでも安心安全というのは水くらいなものでもちろん副作用があります。ただし、副作用といっても服用したから必ず出るというわけではないので、あまり構えず気楽に頭の片隅にでも置いておいてください。

現在報告のある副作用は下記の通りです。

・発疹、じんましんなど皮膚の過敏反応
・抑うつ症状
・射精障害、勃起不全
・精巣痛
・精子数の減少
・身体のだるさ
・肝機能障害

薬のアレルギー反応というのを念頭に置いて考えるならば、皮膚の過敏な反応は服用した薬が何であれ体質に合わないと体が拒絶反応を起こしていることになります。これはプロペシアに限らずなんでもそうです。

抑うつ状態に関しては男性ホルモンの影響である可能性が高いので、プロペシアの影響でテストステロンが減少するのではないかという説があります。元々、人体は加齢によってテストステロンの分泌が減少していくのでこの症状が出る方は少なくともそこまで若い方ではないような気もします。

射精障害や勃起不全、精巣痛に関してですが、男性器はメンタルの影響で正常に機能しない場合もありますのであまり気にしないということが大切です。精巣痛においては詳しいことは分かっていませんが、テストステロンの分泌は殆ど睾丸で行われているので前述の通り、少し影響を受けているかもしれません。


子供と妊婦

プロペシアを服用できるのは男性のみですが、子作りをしている期間は服用しない方がいいという方から服用しながら子供に恵まれた方もいます。ただし、プロペシアではなく、ミノキシジルという薬の使用中(特に内服薬の場合)は精液に成分が含まれる可能性があるので、奥様や医療機関へ必ず相談することをお勧めします。

身体の倦怠感や肝機能障害については薬の分解時に肝臓が働いて起こることなので、これもプロペシアに限らないことです。

あくまでも副作用というのは可能性ということで、重篤なものの場合は臨床段階でもっと検証されているはずですので服用を考える際は今まで薬でアレルギーや過敏反応を起こしたかどうかを考えてみるのがよろしいかと思います。

プロペシアやミノキシジルの通販サイト