薄毛のDNAを絶つプロペシア!頼れるミノキシジル

症状の進行を抑制する薬

アメリカで研究や開発が進んでいたフィナステリドという成分は、前立腺肥大の治療を行うことを目的として誕生した成分であり、プロスカーと呼ばれる治療薬の成分でしたが副作用の中に多毛症という細く、短く、柔らかい軟毛が硬毛に変わる症状が多く服用者に見られるようになり頭皮に対して臨書試験を繰り返した結果、発毛の効果が見られたため転用し現在ではプロペシアという世界初のAGA治療の経口服用薬として薄毛や抜け毛を改善してくれる薬として世界中の男性に愛用されています。
プロペシアとは、日本では処方箋薬とされているためドラックストアなどに置いてある第二・第三類医薬品などとは異なるため医師の指導のもと処方箋をもらうことで服用できる薬になります。
フィナステリドの配合量は2つあり、0.1mgと1.0mgがあり、作用としては5aリダクターゼ阻害剤に分類されるため、AGAの原因となるテストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまう5aリダクターゼという酵素の働きを阻害する作用によって悪玉ホルモンの生成を防ぎ、髪の成長を止めたり毛髪が必要な栄養を補給することができなくなってしまっている状態を改善することができ、その結果、薄毛や抜け毛などの脱毛症の進行を抑えることができるようになります。
ジヒドロテストステロンは、男性に様々な悪影響を及ぼしてしまうホルモンでありAGA以外にもニキビや前立腺肥大、体毛が濃くなってしまうなど男性を悩ませてしまうホルモンになります。
またコストパフォーマンスに優れた同一成分配合のフィンペシアというジェネリック医薬品も登場しているため、長期服用を必要とする薬だけあり薬代も高額になるためジェネリック医薬品であるフィンペシアでAGA治療を検討することも可能になっています。
注意するべきことが1つだけあり、服用しているからといって必ず髪が生えるわけではなく、期待通りの結果が現れるのはごく一部の男性であり、ほとんどが現状維持をなり進行抑制の効果しか期待できないこともあるので、過度な期待をして服用することは控えるようにしてください。