プロペシアとミノキシジルで脱薄毛組

プロペシア

プロペシアとは男性に起こる脱毛症(AGA)に対してのみ効果的な薬であります。

この薬の成分名はフィナステリドと呼ばれ、内服薬という形で世界中で多くの人に愛されています。本来、前立腺肥大患者向けの薬として臨床を行っていた欧米の会社が、投薬による治療に期待する効果がみられず、被験者に返却を求めたところ、返却したがらない被験者たちを見てこの成分の副作用に薄毛の改善があると発覚しました。

この薬が日本で使われ始めた頃、まだ未認可だったので使った人は自力で個人輸入した人になります。しかし、厚生労働省は後々に大慌てで認可することとなるのでした。最大の理由としてプロペシアにも飲み合わせの悪い薬というのが存在し、個人輸入によって併用禁忌薬との併用等誤った服用をする人が後を絶たなかったというわけです。ついにその相乗副作用によって死亡者まで現れました。

ちなみにプロペシアは日本国内では対AGAの治療薬としては認可がありますが、本来の前立腺疾患の患者向けの薬としては認められていません。現行、これを含めた二種類の薬のみ病院での処方が可能です。ちなみに、薄毛治療に保険診療は利かないため、長期的に治療が必要なことを見込むと経済的に負担があり、こまめに病院に通うのは厳しそうです。

治療をするとどのように効果が表れるかというと、AGAが何故発症するのかを説明するところから始まります。

スマホを持つ男性

プロペシアの効果としてAGAの原因となるDHT(後述)の生成を抑え、抜け毛をなるべく減らす効果があります。これを専門用語で説明するならば、テストステロンという睾丸で生成される男性ホルモンが5-αリダクターゼという酵素と結合し、DHTとなり、髪の毛の発毛周期を狂わせて、薄毛や髪の栄養失調を引き起こします。DHTの生産はごく普通のことで、過度に生産されすぎると体内でやりたい放題し始めるということです。

この酵素は2種類ありますが、2種類の量は遺伝に関係します。いわゆる親や祖父にAGAの症状が見られれば、確率的にAGAの可能性が十分にあるといえます。元々DHTは赤ちゃんの頃から男性器の発達やら体毛の増加、ニキビなどに作用しているのですが、大人になると有害になるなんてなんだか複雑です。

さらに、テストステロン自体は性欲増強や精子の生産、骨や筋肉を作り、先述の酵素が補佐しています。ならばホルモンがなぜ薄毛になるのか、増毛に繋がっても良いのでは?と思う方もいると思いますが、この二つが結合して生まれたDHTが毛根に運ばれる栄養が運搬されるのを阻害し、まず髪の毛を細くします。そして段々と栄養不足によって毛根が活動を休止し、その状態の毛根が増えると薄毛の部分が増えてハゲとなるのです。

AGAというのは男性が思春期以降に頭頂部もしくは額部分の生え際、さらには双方から薄くなっていく症状でDHTが生まれるのを活発にさせる要因は別ページで紹介しています。

いわゆるカッパのような頭頂部が脱毛状態でも他の脱毛症の場合や病気、薬の影響の場合も大いにあるので、症状の原因断定は少し難解です。しかし、AGAの場合は現代医療によってすでに治療方法が確立されているので根気良く治療していけば完治も夢ではありません。さらに要因を見直せば、今後の悪化や再発防止の対策も取れます。

これだけだと発毛効果は薄いため、単体治療で薄毛が改善したという方はまだまだ毛根が発毛に対して活発な状態だといえます。AGAの治療は気が付いた時からなるべく早く治療することがとても大切です。

プロペシアの他にミノキシジルという薬を併用すると効率よくAGAの治療を行えます。これらの治療には一般的に自由診療扱いですので高額医療となり、通販による個人輸入やジェネリック製品を使えばお財布にやさしく長期的にAGAと向き合えます。

もちろん早め早めの予防も大切ですのでまだフサフサな方も是非。

プロペシアやミノキシジルの通販サイト